re ; i

星になりたかった。

拒む

 自分が嫌い。

 食べてる姿が嫌い。

 だから綺麗に食べたい。

 食べづらいものが苦手。

 口や手が汚れるのが嫌い。

 咀嚼するときの音が苦手で、口を動かすものが嫌い。

 やがてあごの上下運動が億劫になる。

 じゃあ喉だけで食べれるものにする。

 必然とちゃんとした食べたものを食べる必要性がなくなる。

 時間が惜しいから、「食べる」より「飲む」で食事を済ませたい。

 いつからか、食事が摂取という考え方に代わる。

 摂取という「一般」とは乖離した行為に嫌悪感を覚える。

 急いてご飯を食べようとする。

 これの繰り返し。

 繰り返し。

f:id:ryunyan123:20180730022222j:image