re ; i

星になりたかった。

厭世観の隙間で

 仕事、帰宅、仕事、帰宅のローテーションに嫌気がさしてきたので、帰宅する前に少し、寄り道をしてみました。場所は札駅で、ステラプレイスからパセオ、パルコと巡回しました。

 JINZで、良い眼鏡がないか物色する。自分は今、ボストンフレームの眼鏡を使用していますが、夏に向けて新しいフレームのものが欲しい。欧米人は、顔の形が縦長なので、横に長いオーバルフレームはあまりにあわないらしい。

 なので、縦に長いボストンがトレンドなのだとか。しかしボストンはすでに持っているので、ここで冒険してみたく思っているのはラウンドフレームかボスリントンフレームの眼鏡で。しかし一歩間違えればのび太君にしかならないので、結局怖気ついてみるだけで終わりました。

 服も見て回ったけれど、あまり意欲がわかなくて、試着もせずに後にした。

 次にビックカメラで、いつかは欲しいチェキを見る。しかし優先順位はいかんせん低いので、買わず。パソコンパーツのほうも見てみたけど、相変わらず高騰中で、かわいくなかった。

 オーディオ系も見てみたけど、あまりぱっとしたものはなかった。最後にロフトで買い物をして、帰宅。

f:id:ryunyan123:20180224114220j:plain

ロフトで買ったもの

 珈琲豆専用の保存容器がなかったので、そちらを購入したのと、猫にハートを射抜かれてマグカップを購入。そして珈琲のスプーンはデザインのかわいさに魅せられて。

 個人的に一番気に入っているのは電卓で、自分が好きなレトロな配色バランスに惹かれました。

 疲労で全体的に文章が拙いですが、今日は綴じます。

 最近、ブラックよりベージュが好きになった。

 窓外の下、雪と戯れる子供たちの声をオルゴール代わりに、意識を送る。