でんちゅー

お面の向こうは社会

言語学から見た「ら」抜き言葉。

 この前、テレビでおもしろいことをやっていたので、ご紹介します。

 現在、若者を中心に主流になりつつある「ら」抜き言葉。例えば、「食べられる」を「食べれる」に「ら」を省略したりなど。

 当然、この減少に祖父母世代はあまり、良い印象を持たないそうで、耳障りと批評されています。

 ただこの「ら」抜き言葉、らを省略することで得られるメリットもあるそうで、「食べられる」だと、その言葉が受け身の特性を持つのか、可能性の特性を持つのか、意味がブレブレ。

 しかし、この「食べられる」を「食べれる」に変換すると、意味が「可能性」だけに絞られるため、言葉の持つ「意味」がしっかりと伝えられるというメリットを所持しているというもの。

 さらに、この「食べられる」「食べれる」をローマ字表記にして比較すると、

「taberareru」「tabereru」。これを見てみると、抜けているのは「ら」ではなく、

「taberareru」。arが抜けている。つまり、「ら」抜き言葉は本当は「ら」抜きではなく「ar」抜き言葉で、言語学的には全く問題がないという結論。

 このことに自分は面白いと思いました。

 また、「ら」抜き言葉でも、「行けられる」を「行ける」に変換して言う言葉は、祖父母世代からの否定派の意見はあまりない。なぜならこの「ら」抜き言葉は室町時代から使用されている言葉だからというもの。

 ここから導き出される結果は、「ら」抜き言葉は日本の伝統や文化云々ではなく、世代によって使われているか使われていないかで毛嫌いされているだけ、というもの。

 日本語っておもしろいなーと思った日でした。