でんちゅう随想録

でんちゅうなる人物が記す随想録。特に理由も目的もなく、衝動的に書く日記のようなもの。

死にたくなった時、引き組めてくれる曲〜クラシック・BGM編〜

 死にたくなったシリーズ最終編ということで、今回は歌詞なしの、曲だけによって構成された曲群を紹介します。

 

V.K/Paper Plane's Adventure

youtu.be

一番好きなピアノアーティストです。その中でもこの曲は一番で、ピアノメロディのふたの中にはどんな物語があるのか妄想が膨らみますね。

 

DARK SOULS/ Gwyn,Lord of Cinder

youtu.be

独特のピアノメロディ。戦闘曲とは思えない、切ない雰囲気を背景に戦った思い出は忘れません。

 

KINGDOM HEARTS/Dearly Beloved

youtu.be

知る人も多いこの曲は、これでもか!ってくらいに泣ける曲です。イメージは夏、死んだ友人を思い出す少年の背中、蛍火に照らされる夜空の下。

 

PAX JAPONICA GROOVE/Piano Returns

youtu.be

 ただのピアノソロじゃなくて、邪魔にならない程度にピアノメロディに味付けされた曲は必聴ですね。

 

小林信一/Sairai

youtu.be

サビの部分がなんとも言えなくて、新潟で死んだ親戚の婆さんに菊の花を添えた記憶がなぜが蘇ります。

 

Rabpit/Rainy Memory

youtu.be

バイオリンが奏でる曲がとても刺激的で、雨の日に感動的な体験をしたことがない自分でも、雨に何かしらの物語を求めてしまいます。

 

TAG/アルストロメリア

youtu.be

春の日の、始まりや新生活にぴったりな、何か新しいことが始まる時に聴き入る曲です。アルストロメリアは花の名前で、花言葉は「未来への憧れ」

 

Marshemello/Summer

youtu.be

澤野弘之/R零B零T

youtu.be

バイオリンの音色が特徴的で、何かの始まりの予感が感じれます。

 

VisualArt's/願いが叶う場所

youtu.be

老いて、椅子に揺られながら、この曲を聴いて終わりたいですね。

 

 いかがだったでしょうか。

 曲をあまり聞かない人でも、絶対に一つ、自分の耳に留まる曲が存在します。それがどのような曲なのかはわかりませんが、その手助けに少しでもなれたなら、幸いです。

 ではまた。。。