読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でんちゅうの雑食浪漫譚

田中と書いて"でんちゅう"と読む男が、好きなように書いてます。ある時は日記、ある時はレビュー、ある時は感想とちぐはぐなブログです。いつかミステリアスな人と思われたい。

ささーげよー、ささーげよー、しーんぞーをささーげよー

 ついに昨日、放送されました進撃の巨人シーズン2!

 27話「獣の巨人」ということで、4年ぶりの視聴となりました…。

 見た人の大概が思ったと思いますが、最初の語りだしのシーンから「なつかしい」の心象でした。

 そして気になるオープニング「心臓をささげよ」。一期と同じアーティストが歌っているため、雰囲気も変わらず、局長も若干「紅蓮の弓矢」に似ているからかやはり「なんかなつかしい」って思いながら聞き来ました。ところどころにCGは見受けられますが、気になるような粗もなく、演出としてちゃんと成り立っていたのでそこも自分的にポイント高!でした。

 個人的にオープニング映像の中では、壁に巨人の大群が押し寄せているところに兵士たちが一斉に飛び降りるワンシーンが鳥肌ものでした。

youtu.be

 そして物語は進行していき…原作の内容をほぼ忘れている自分としては新鮮味があって、終始楽しんで視聴できました。はたして四年間の仕込みがあったかどうかは定かではありませんが、一期からの期間が開いた分、背景や動き、人物描写など細部まで書き込まれていて、WITSTUDIO特有の、「映画」クオリティの「アニメ」でした。

f:id:ryunyan123:20170402214132p:plain

 今話の見どころは何といっても「獣の巨人」。進撃の巨人始まって以降初めての、また進撃の巨人の中の人にとっても初の、「知性」をもち人の「言語」を喋れる巨人との遭遇。

 普段の捕食し人を殺すノーマル巨人とは違った不気味さが半端なく、また声の担当を「子守武人」さんがしていたので、一層不気味さが尋常じゃなかったです。

 っつーかスタッフロール見るまでCV子守さんて気づかなかった…やっぱ声優ってすごい。

 ちなみにこの子守さんはジョジョの奇妙な冒険に出てくる「ディオ・ブランド―」や

f:id:ryunyan123:20170402215120p:plain

 最近では「Re;ゼロから始まる異世界生活」のロズワールなどを担当した方です。

f:id:ryunyan123:20170402215457p:plain

 とまぁそれはさておいて、何度も言いましたが進撃の巨人シーズン2、期待通りの出来栄えでした! 今回はあまりメディアに取り上げられている様子ではなさそうですが(自分がテレビをあまり見てないだけかも)、巷では騒がれており、その期待を上回る形でした。

 完全に一期を見ていない人はおいていくスタイルなので、まだ見てない方は、原作あるいは一期の進撃の巨人をみてからみることをおすすめします。

 そしてなんといっても映像美!興味がない人も一度扉を開けてみてください、そこの同類も、王道アニメと忌避せずちらっと二話からでもご覧ください。

 以上 進撃の巨人シーズン2を見ての感想でした。あぁ…見るアニメが溜まっていく溜まっていく…フヒ。