でんちゅう随想録

夜のような虚無が好き。