でんちゅう随想録

夜のような虚無が好き。

嗚呼惰性

 生きているから生きている。

 理由なく、生きていることはベースでそのうえからペーストするように生活するのが普通で。

 離れたがる僕の心は、そのベースに違和感を握ろうとする。

 窓外夜の明かりが僕の瞳を反射して、帳が降りると便乗して僕の肩もおりる。

 憂鬱な思いは、味のないパンをかじるような虚しさとなって夜の気配に溶けていく。

 息をするのがつらい、窮屈な世の中だから。少しでも膨らんだ「こり」に針を通したくて、生きなきゃいけない理由を模索している自分がいる。

 手首を切った。首を括った。薬を飲んだ。入水した。

 血は止まった。ドアノブが壊れた。頭痛で終わった。苦しさに目を覚ました。

 薄くスライスしただけの死は、三途に飛び込もうとする僕の服を引っ張るのだ。

 臆病な僕は、その余韻に直接死を拾うのを躊躇う。

 だから躊躇する理由を自分なりに考えてみた。

 からから計算の後に置いてあったのは、罪悪感。

 僕というひとつの生き物が出来上がったのは、まぎれもない僕以外のものの所為だから。僕以外のものに明瞭な「何か」を返さなくてはならなくて、これは義務じゃなくてやらなくてはならないことなんだと思う。

 生きてきた負債を清算すること。それが生産性のない凄惨なものでも、置いてあった罪悪感の正体だった。

 勝手な自己満足でも構わない。負債の大半は勝手な自意識で出来ているのだから。

 体をなぞれば、深淵のない虚が広がっている。言葉では満たされない、心では埋まらないそれを蓋する理由がなくなれば、幕を引けるきがするんだ。

 盲目的に妄動的に妄想的に生きて、衝動的で焦燥的で消極的なままじゃだめだった。

 退廃で厭世観な僕の長い長い、自問の答え。

 さよなら生命、くたばれ心。

 死にぞこないは模造道路を歩きだした。

f:id:ryunyan123:20180624040418j:plain

 

 

ありふれていて

 路上の草は、驟雨のしずくを弾かせる。冷えた空気は、開放的だった心に蓋するようにして広がっている。

 仕事をして、家帰って、家でも仕事をして。一息つこうとソファに座って、そのまま眠りにつく。起きたらもう朝で、急いでシャワーを浴びてまた出勤する。紙魚が歩くような日々を過ごしていてふと、糸切るような思考が墜ちてきた。

 なんのためにこんなことしてるんだ。

 別にやりがいもない仕事をして、お金を稼いで、使って、また稼いでの繰り返し。生きようと思えばお金がなくてもその日暮らしで生きることができるはずなのに、それをしないのはそれなりの暮らしを僕が求めているからだ。じゃあなんで僕はそれなりのものを欲しがっているんだろうと考えると、単純に苦しいからなんだと思う。体も洗えず、寝床もなく、食べ物も探す毎日は送りたくないという、ありふれたもの。

 そうだ、死ぬことに躊躇いはないといいつつも、いざ拷問されて死ぬのと、薬を飲んで死ぬという選択に阻まれたら後者を選ぶだろう。死はすべて等しく同じ死だと思っていないから。ここで僕が痛覚を持たない人間だったらまた話は変わってくるけれど。

 死の扉を開ける前に躊躇するのは、いつも「痛み」の存在だ。死にたがりのくせに、痛いのは嫌いという甘えからくるもので、その甘えが決めるのは僕の中の死にたいというものは結局「なんちゃって」のものなんだと。

 昨日手首をカッターで切った。その前はカミソリで。それらはしかし、死を薄くスライスするだけで切ろうと思えば包丁で好きなところを突けばいいのだが、それはできなかった。

 死にたいに対してどこまでも本気になれない自分が恥ずかしくて、床の血が僕を笑う口紅の形に広がっている気がした。

 深夜、暗闇の中でテレビを見ながら包帯を巻かれた手首をさすって、薬を飲む。

 頭の中は、笑顔の他人たち、きれいな腕をした彼ら。

 羨ましい以上の惨めさに、いつも泣いてしまう。

 誰も理解者はいなく、一人が好きで孤独が嫌いな自己嫌悪に忙しい天邪鬼な自分を、認識してはいても遠い物語のように傍観している。

 達観してる、相談すると必ず答えが返ってくる、心強い、そんなフレーズを言われることがある。

 全くそんなことはなくて、常に肥大化していくみんなの「僕」というイメージに追いつこうとするのが精一杯な弱い人間なのだ。そう叫びたくても、失望されたくないという感情から顔に着けた仮面に釘を打ってしまう。


夜な夜な夜な FULL【PV版】 高音質Ver

 真剣に1日中、死ぬかどうか延々と考えた。

 結局死ななかった。

 そんなに死にたがるくらいなら、死ねばいいのにとわかってはいるつもりなのに、生というもののなにかに縋るような心で、希望を抱く。

 ずっと胃もたれしているような体の中の重さが抜けてくれない。やけに自分の呼吸が煩く聞こえる。偏頭痛も、手首の痛みも、僕を肯定してくれる友達のように感じた。

 新幹線の殺人ニュースをみた。僕も壊れたらあんな感じになるのだろうか。

 今は優しい歌を聞いていたい。


the shes gone「想いあい 」Music Video

 夜、寂寥。

 人、希い、涙の詭弁に刃をあてる。

 ありふれた言葉が欲しい。

 僕の魂を満たす、質量21グラムの言葉が。

 けれどそれは難しいことだから、僕の世界観はいつも軋んでいる。

f:id:ryunyan123:20180614160707j:plain

VHS「サテライト」

 東京は梅雨入りをするようになって、初夏ほどの温い空気が流れるようになった今日この頃。空はからっと晴れていて、広大な青が眩しく映る。

 そんな明るい日常にひかれて、縮こまっていた感情もだんだんと開放的になっている気配を実感する。

 最近は、一丁前に昔懐かしのものを収集することが楽しみになっている。歴史を感じる割れたジュークボックス、錆びてインクも付かないタイプライター、なんの映像が入ってるかもわからない、汚れたテープが入ったVHS、寂寥のにじむブリキのおもちゃ、歪んだオルゴールに何も映さなくなった映写機、ラジオボックス。

f:id:ryunyan123:20180606113647j:plain

 新たな試みとして、UXデザインの道を耕してみることにした。将来そこを歩くかはわからないけれど、可能性のひとつとして作ってみたい。

 ITパスポートやMOSなど、取りたい資格をとっても、ITの何かしらになるという最終目標を決めていても、いまだ漠然としている。わかったことは、「なれる」という状況に材料がそろってしまうと、僕の心は冷めてしまうということくらい。

 根っからの飽き性がゆえんしているから、僕は一生そんな性分に付き合っていかなくてはならないと思うと、少し不安になるけれど、終身雇用の時代ではなくなったのがせめてもの救いなのかな。

 自分が好きだと思っているものも、自分が比較的できるものだから「好き」なのか純粋に好きなものなのかも判断がつかない始末。小学生の頃は漫画家、中学生のころは小説家、高校生の頃はゲームデザイナーと将来の夢は転換されていくように、僕の「好き」もやがては更新されるのだろう。そして更新されても後戻り、道草ができないところまで歩いて行ってしまうのが恐怖だ。しかしいつまでものらりくらりと渡り歩いているわけにもいかない。

 だが自分の知らない、僕の好きという思いから遠く離れたところに本当に心から浸れるものがあるかもしれないという謎の自制心も働く。

 5月を抜け、陰鬱な瘴気が消失した明るい6月、決断したいという思いを決断してボストンバックを持つ。

 1年半悩み、むしばんでいた腫瘍のような倦みの花をようやっと切ることができたから、今はとても明瞭に出来事を感じ取ることができてうれしい。生きるだけでストレスなる光合成をしてしまうから、十分また思い悩まないよう注意しなきゃいけないけど。

 そういう意味でも、自分が嫌いとか、他人に求められたいとか、それは考えるという「事案」に今はなくなっていて、「僕は自分のことが嫌い」で「他人に求められたい」というのが僕という人格のベースを構成しているものだとなんとなく納得できるようになった。自己嫌悪、承認欲求ありきの僕だと。

 多岐な仕事をやっていて本当の自分は何なんだろうと思慮することもあったけれど、本当の自分なんてものは周りが勝手に決めてくれるものだと委ねることにした。

 死ぬ準備はできた。

 生きる支度もできた。

 あとは、どちらを選べる理由を探すだけだ。

 

 なんて、くさいことを。

youtu.be

友人を救えなかったハナシ

 青春の光を浴びて、どこか幼い香をたてながら大人になろうと枝葉を伸ばしていた、若き熱に駆り立てられた中学生の頃。

 僕は窓辺で本を読み続ける虫で、彼女は僕からは遠い領域で勉強していた。

 そしてそんな彼女に僕は恋心を抱いていた。初々しい火花は臆病な草にたびたびうつり、その度に僕の視線は彼女の後ろ姿に留めていた。

 今思えば、彼女にしかない表裏なき純粋な嘘のつけない明るい性格に、憧れが変換されて惹かれていたのだろう。

 もちろん、彼女と僕は会話をすることなく卒業して、高校も別々で敢え無く僕の恋心は風化した。

 2年後、中学のクラスメイトたちで集まるクラス会にて僕と彼女は再会した。大体が高校デビューを果たした姿のギャップで会話は占められていたけれど、僕と彼女は高校を辞めたという共通点から、大きい集団とは外れて喋っていた。

 歳月の果てに再会した彼女は、僕の知っていた彼女とは酷く違っていた。親の離婚による転校、学費が払えないことによる退学、定時制に通いなおし、水商売をしながら自力で金を稼ぐようになっていた。

 愚かなことに、僕はただただ他人行儀で、「かわいそう」という心印象しかなかったのだ。幸い、僕のそんな姿は同情され続けていた彼女にはとても新鮮に映ってくれたようで、自然な笑顔を見せていた。

 それから幾度、連絡を取るようになった。

 内容は他愛ない世間話だったり、彼女の愚痴を聞くことくらいで、特にこれといったことをしていたわけではなかった。それから半年ほどの月日が流れたある日、彼女から電話がかかってきた。

「もうだめだ、生きられない、死にたい、死にたい、、、。どうしよう、死にたくてしょうがない」

 電話口から聞こえるその声は冗談ではなくて、まぎれもない死者の言葉だった。

 3年かけた貯金は母親にとられ、バイト先からは追い出され、単位が足りなくて定時制の高校からも学習停止をうけたらしい。彼女以外の理不尽が、彼女に降りかかって絶望しか広がっていなかったのだ。

 あまりにも幼かった僕は、「死」というフレーズに意識してしまって、死なないで、生きていてほしい、死んだら悲しいとか、そんな硝子細工のものしか投げられなくて。そんな硝子たちはすべて、彼女の絶望に砕かれていった。

 彼女の思いを聞かずに、僕は自分のことしか考えていなかった。「死んでほしくない」という自分がってな感情だけしか、ぶつけていなかった。

 

「ありがとう」

 

 彼女の電話はそれで終わって。

 訃報を聞いたのはその2週間後だった。

 彼女と親しかった友人から連絡が一つ。自殺した、と。

 

 涙は流れなかった。ただ、あのときの電話で救えたのではなかったのだろうか。僕は最後の砦だったんじゃなかったのだろうか。そんな罪悪感と、勝手に僕の所為と決めつけている結局の自己中心的な性格に、嫌悪して。

 ただ、足りなかった。

 彼女を救えるだけの力を、僕は満たしていなかった。

 残ったのは後悔の灰で、今も風が飛ばす粉灰にむせる。

 

 何の因果か、僕の周りには人よりも死に近いところに立っている人が集まる。

 まるで神が僕を試すかのように、抱いた罪悪感と嫌悪、後悔を忘れさせない啓示のように。

 救えなかった彼女は、イマジナリーフレンドのようにたまに視界の隅にいる。

 あのとき、彼女の首を絞めた縄は重かったのだろうか。彼女は、重さを縄に任せて、死という安堵を得られたのだろうか。彼女の選択は間違っていたのだろうか。

 決して生きるという行為が正しいとは僕は思わない。死という完結を、僕は否定しない。ただ、尊重するべき死と、卑下しなくてはならない死があるのも事実。

 生きている限り、僕らはいつも死と手をつないでいる。

 その温度を、暖かいと感じるべきなのか、冷たいと感じるべきなのかはまだ、今の僕にはわからない。

 ただ人が人を救う手段は、人に影響を与える魔法は、僕が考える限り「言葉」しかない。だからいつまでも、僕は魔力ある言葉を、人のために使えるような大人になろうと思う。

 バスの窓外から見える眩いテールランプが、バスから伝わる振動とともに僕を鼓舞してくれている、そんな気がした。

f:id:ryunyan123:20180531161911j:plain

 

 

夜、跋渉

  嫌な暑さにベールをかけるように、夜の帳は涼風を吹かせていた。辺りはまばらに斜陽を生きる人々が歩いている。太陽が照らさない闇の姿がそこには必然として跋扈しているのだ。

  点々と街灯色になっているアスファルト

  年季の入った様子が伺える、茶色くところどころが変色したシャッターを下ろしている店頭。

  放浪するように転がる空き缶、いざなうように歩く野良猫。

  大きなデパートや駅の建造群は、壁の様に黒塗りで聳え立つ。

 久しぶりに、幼馴染と遊ぶ出来事があった。

 邪気の無い意味で、幼馴染は僕の中にいる記憶の中と遜色なく成長していた。

 だからだろうか。脱却の意味を込めて、日々を捲るごとに僕は僕なりの変化を施していった。しかし幼馴染の彼は、脱却する前の僕を掲げたまま旗を振っていた。

 明るく奔放で、しっかりとした自分を持っていたころの僕を。

 だから再会した後も、僕は彼の中の記憶にいる僕を汚さないよう慎重に接することしかできなかった。しかしその悪夢のような出来事は加速して、飲み会へと発展してしまった。告白された女の子、告白した女の子、かつての部活仲間、クラスメイト、、、。みんな、過去の僕しか知らない人間ばかりで。話題になるのはやはり、僕の変貌ぶりとかだった。

 ただただ、目の前を横行する言葉たちは火となって、蝋で固められた仮面をとかしていく。

 

 しばらくひとり。

 

 友人もいなく、知人も少なく。頼られることはあっても、頼ることはできなくて、いつも貧乏くじを引いてしまう。そんな日々を送っていると、たまらない孤独に襲われることがある。だから、友達が欲しいと希望を抱いてしまうのだ。

 けれど理想と現実は表裏のようでいて全然違い、分かっていても抱いてしまう希望に、敢え無く切り捨てられてしまう。カルーアモーツァルトのような味が好きでも、いつも口の中に広がるのは苦手なビールの味。

 しかしそんな味を忘れさせてくれるのが、夜の気配。

 宵闇は僕のどうでもいい嫌悪も、悩み事も呑み込んでくれてる気がして、気が少しだけ楽になる。

 虚無が好きだ。嫌悪する自分という個人も、取り巻く現実も、どうでもいい。

 無償の愛情も、無垢な友情も、今の僕にはいらない。

 虚無な孤独感を外套に、自棄な思いを頭巾にして、、、、。

 夜、跋渉。

f:id:ryunyan123:20180528152103j:image

 

   

そんなものに、

f:id:ryunyan123:20180519052613j:plain

 最近、何も知らないで生きていたころの、若いというよりは幼いという評価だったころの自分を思い返す。無知でいたまま成長していたら、今と比較してどちらのほうが幸せだったろうか。無自覚の黒歴史を蓄積していくのと、自覚ある黒歴史を思い出しながら生きるのと。

 窓の霜は、窓外を霧に包まれたように演出させて、無人の街を連想させる。霜の冷気がかすかに伝わるのか、手の甲は少しだけ強張るようにしてカップを握っている。遠くで信号待ちをする車の音も、あちこちで瞼を閉じるように照明を落とす街灯の様子も、普遍であることを教えてくれて、心が落ち着く。

 幼かったままでいたら、もっと強い自分を確立していたのではないだろうか。自分の気持ちを正確にデッサンできて、下書きもなくペン入れする好きなように生を重ねていたのではないだろうか。他愛のない、というよりも意味のない妄想を、それは逃避想のように日ごろ考えてしまう。

 僕の中にいる、僕を常に批判し続ける「世間体」の雑音が少し大きくなっている気がした。弾力のない生活が嫌で、自分を汚すようなことをして変化を取り入れても、僕を滑稽だと一蹴する。

 誰かに認められたいという欲求から、メンズバーでおばさま方の相手をするようになって、出会い系で性欲のままに身を任せてもみた。働いた結果のお金を、びりびりに破いて、合コンみたいなものに参加しても、当然そんな沼を掘ったところで沼しかなく。

 おばさま方に気に入られても、そう仕向けるように細工した仮面を世間体が嘲笑し。

 性欲のまま腰を振っていれば、世間体は猿のようだと滑稽に手を叩く。

 金を破いて発散しても世間体は首を傾げるだけで、合コンには嫌悪する汚い人間しかいなくて、世間体は顔すら見せずにいた。

 いつから僕は批評家を常に置くようになったんだろうか。

 いつから僕に中性的になりたいという思想が根を張らしたのだったか。

 いつから僕への雑音しか聞き取らなくなってしまっていたのだろうか。

 振り向いてから気づく後悔と、前にできるだろう後悔を事前に回避してそのことに後悔するのとどちらが「マシ」なんだろう。押し問答、いたちごっこなことなのだけれど、思考の隙間はそういう「ごっこ」で埋めてくる。

 人にやさしくしても、それがそのまま返ってくるなんてことはない。

 莫大な信用を、たった一つの失態が瓦解させる。

 涙が人を強くするなんてものは詭弁だった。

 秩序があるものだと思っていた社会は無秩序の社旗を掲げた理不尽で構築されていて、ジャンヌダルクはさながら正当性を湾曲させる「多数派」の象徴のように、僕の頭に水をかける。

 僕には守りたい人がいる。でも僕の能力不足で、今は支えたいという心意気を謳うことしかできない。けれどやっぱり、黒い感情は盲目の不満を栄養に花を咲かせてしまう。どうしてここまでやって、僕には何も残らないのだろうかと。

 僕がやらない善よりやる偽善として行動してきたことは、すべて意味のない白紙に白塗りしているだけの行為なのではないか。

 助けても、拭っても、庇っても、支えても、自分のことしか考えていない自意識の化物が自制心の檻を食い千切ってしまう。

 わかってる。答えは出てる。

 僕は承認欲求がものすごく強いだけなんだと。

 どうしようもないくらい、自分が嫌いで他人が嫌いだと主張しているくせに、その中身は誰かに認められたい、褒められたい、必要とされたいという天邪鬼な「子供」が壁の隅でうずくまってこちらを睨んでいるだけの、単純な話だってことを。それを理解した上で、認めたくないという足場のないプライドがいることも自覚している。答えがわかっていても、分からないフリをして遠回りをする心の跋渉を如実に感じる。

 繊細さの中にも芯がある、強い人間になりたい。善にも負けない偽善を抱えた、優しさを服にして着たい。誰からも称賛されて、能力を必要とされる存在になりたい。そんなものになりたい、なりたかった。

youtu.be

 

 

理想体~スキンケア・メイク編~

 僕は1日のうち、朝と夜2回スキンケアを行っています。

 朝は洗顔→化粧水→美容液→乳液→日焼け止め

 夜はクレンジング→洗顔→化粧水→美容液→多機能ジェル→乳液→クリーム

 といった感じです。

[クレンジング]

  クレンジングされてる感があるのはこのソフティモですが、肌へのダメージが気になるかたは無印良品が結構いいと思います。クレンジングは、クリーム、ジェル、オイルといっぱいありますが、万人に対応しているのがジェルなので、特にこだわりがない方はジェル型のクレンジングを選んだほうが無難です。

KOSE ソフティモ ラチェスカ ホットジェルクレンジング 200g

KOSE ソフティモ ラチェスカ ホットジェルクレンジング 200g

 

 

洗顔

 洗顔料は、朝はソフティモ、夜は最近発売したもっちスキンの炭を使ってます。

KOSE コーセー ソフティモ ホワイト 薬用クレンジングウォッシュ 190g (医薬部外品)

KOSE コーセー ソフティモ ホワイト 薬用クレンジングウォッシュ 190g (医薬部外品)

 
モッチスキン吸着泡洗顔BK 150g

モッチスキン吸着泡洗顔BK 150g

 

[化粧水]

 僕はだいぶ肌が弱い人間なので、成分表を見て「アルコール」が少ないものを買うようにしています。プチプラだと僕は白潤を使っています。

肌ラボ 白潤プレミアム 薬用浸透美白化粧水 170mL 【医薬部外品】
 

  逆に、脂性肌の人はハトムギとかのほうがいいかもですね。

ナチュリエ スキンコンデショナー 500ml

ナチュリエ スキンコンデショナー 500ml

 

  ワンランク上だと、雪肌精の化粧水も使ってます。

コーセー 雪肌精 化粧水 500ml【限定】

コーセー 雪肌精 化粧水 500ml【限定】

 

 [美容液]

 僕は朝も夜も美容液は同じで、DHCのスパコラを使ってます。

DHCスーパーコラーゲン

DHCスーパーコラーゲン

 

  ランク一つ上の294っていうものがあるんですが、これはコラーゲンの量みたいですね。ただどちらも使ってみたところ、あまり使用感にそれほどの差は感じられなかったので、98でも大丈夫だと思います。

DHCスーパーコラーゲン スプリーム

DHCスーパーコラーゲン スプリーム

 

  高いものだと、SK-Ⅱや、estのホワイトニングがおすすめです。やはりプチプラでは勝てない効果がはっきりと出ます

SK-II ジェノプティクス オーラエッセンス 50ml

SK-II ジェノプティクス オーラエッセンス 50ml

 

 [多機能ジェル]

  多機能ジェルは夜だけ使ってますが、最近は洗顔専科のものを使用しています。

専科 パーフェクトジェル ナイトリニューアル 夜用オールインワン 100g
 

 [乳液]

 カバー力としては、プチプラの中では白潤がおすすめです。イソフラボンもけっこういい保湿を保ってくれます。

肌ラボ 白潤 薬用美白乳液 140mL

肌ラボ 白潤 薬用美白乳液 140mL

 
なめらか本舗 乳液 大容量タイプ 200ml

なめらか本舗 乳液 大容量タイプ 200ml

 

 [クリーム]

 クリームは僕もいまだに探している最中なのですが、現在は妥協でニベアをぬってます。

ニベア クリーム 大缶 169g

ニベア クリーム 大缶 169g

 

 [日焼け止め]

  日焼け止めは3つ使っていて、最初にビオレのミルクをぬって、それからKOSEのサンカット、最後にスプレーでしめてます。

ビオレ UV さらさらブライトミルク SPF50+/PA++++ 30ml

ビオレ UV さらさらブライトミルク SPF50+/PA++++ 30ml

 
ナヴィス リシャンお徳用UVスプレー 250g

ナヴィス リシャンお徳用UVスプレー 250g

 

  それぞれのポイントとしては、僕は乾燥肌なので成分表をみて、アルコールよりもヒアルロン酸などが多く入っているどろっとタイプのものを選んだり、日焼け止めに関しては、ミルクを塗ると肌がトーンアップもするということでぬっています。

 [メイク]

 僕はメイクの中では「ドールメイク」「童話メイク」といった、お人形さんみたいな感じのメイクが好きなので、もっとも重視しているのがカラコンですね。

 メイクによって、カラコンの色をブルーにするか、イエローとグリーンにするか、と別れます。ベースがホワイトのピンクチークだったらブルーのほうが映えますし、オレンジチークに暗い色のティントだと、イエローのほうがいいと思いますし。

 ここは個人個人の試行錯誤なので、何とも言い難いのですが。

 なので、どのメイクでも僕が必ず使う、というものを紹介します。

インテグレート ミネラルベース クリアベージュ (SPF30・PA+++) 20g

インテグレート ミネラルベース クリアベージュ (SPF30・PA+++) 20g

 

  インテグレートだと上記の2つがおすすめです。伸びもよく、時間がたってもあまり崩れたりよれたり、というのがないです。

  キャンメイクだと、こちらもおすすめです。ナチュラルなまま、トーンアップを演出してくれます。

  下地はいつもこちらを使っています。肌が整いますし、ほかの下地とは伸び心地が違います。

 面倒じゃなかったらメイクした写真とか、今後のせようかなーと思います。