でんちゅう随想録

でんちゅうなる人物が記す随想録。特に理由も目的もなく、衝動的に書く日記のようなもの。

孤独だったろうか:3

 同居人が嫌い。

 この回答は、一緒に生活して三日もせずに得た。

 顔も考え方も、言葉もたばこのにおいも、生理的に。いな、生物として強い嫌悪の思想が根付いた。

 根付けば勝手に頭は養分を吸収していくので、その根は着実に私の頭の中を囲んでいく。同居人が冗談を言う。妹は笑い、母は手をたたく。ちっとも面白くない、虫唾が走る。同居人がプレゼントを買う。妹は喜び、母は感謝する。ちっとも嬉しくない。ごみをもらった。同居人が笑う。妹と母は笑い返す。自分だけが笑っていない。

 家族と自分の「ずれ」を感じた。

 妹と自分の見る目の「ずれ」を感じた。

 母の同居人と自分への愛情の「ずれ」を感じた。

 その「ずれ」は、自分が間違っているという思考に着地した。

 みんなが寝静まった夜、トイレで手首を切った。漫画のように噴水となって出血はしなかったけど、体の中から「抜けていく」感じがたまらなかった。結局死ななかったけど。

 明日の朝、四人は談笑している。知らないんだ、あの四人は。昨晩、死のうとしたんだ。トイレに入って気付かなかったかな。わずかに便器残っていた血糊。結局妹が絵具パレットを洗った所為になったけどね。

 延長コードで首を吊ろうとした。うまく首がしまらなかった。

 湯船につかって、ドライヤーを入れた。バチバチとドライヤーが鳴るだけで、死ぬほどの電気は体に流れてくれなかった。そのあとは、ドライヤーを壊して同居人と母に怒られた。

 また手首を切った。

 気づかれない、気づかれない、気づかれない、気づかれない。気づいてほしくてやっている自分をどこかで容認して、自傷行為、自殺行為をしていた。

 あぁ、血は関係ない。縁も関係ない。たとえ、「母」であろうとも、「妹」であろうとも、違う世界の人間で、他人である。他人と自分の距離が接近しているか離れているかの違いなのだ。中学三年の時には、そこで落ち着いた。

 でも、心配されるのは気持ちが悪いし、分かってほしくもないので、会話を続けた。一生懸命笑ってやった。なあ母さん、幸せだね。なあ妹、うれしいね。なあ同居人、面白いね。今日の下校で、車に接触して腕を折ったんだよ。知らないでしょ。

 高校受験も、まじめにやらなかった。そのころには、同居人の家族まで住みだして、すっかり大所帯だったのもあるが、生きる意味を見出していなかった。

 入学出来たらできたで、できなかったら死のうと思っていたからだ。

 結局入学し、高校生として花の青春を送ることになった。

 長年培った処世術ですぐに友達はできたし、バイトもやるようになった。

 やがてバイトでスキルが上がり、必要とされるようになった。ここで初めて、人に必要とされる感覚を味わった。能力を買われた。その反動が余計に、帰宅することへの拒絶を生み出していた。

 ある日、同居人が母を殴った。

 私は怒った。怒れてしまった。

 DVをきっかけに、同居人は自分が高校二年になるころには家を出ていった。

 母、妹二人、自分。もとの家族構成に戻ったのである。

 しかしこれといって変化が起きることもなく、淡々と日常は過ぎていった。

 母は仕事がつながって、多忙の毎日。妹二人は転校した小学校で必死に友達作り。かくいう自分は、クラス替えで一人の学校生活を送っていた。

 普段の処世術を使えば、また友達を作ることは容易であったが、疲れてしまっていた。

 人と交流すること、会話すること。だんだんと、自分が他人に合わせる生活が億劫になっていって、いわゆる「ぼっち」におさまることを受け入れた。

 学校生活はすべて寝て過ごした。さぼりすぎて、出席日数も危うくなった、というか単位は何個も落とした。学ランは捨て、学校も蹴って通信制の学校に通うことになった。

 生きる喜び、これからを生きていく楽しさなんてものを、まじめに考えるなんてばかばかしいと思うけど、絶対に今を生きる人は「なにか」のために生きている。

 自分は、何もなかったのである。たしかに、将来の夢もあるし、やりたいこともあったけれど、すべてが面倒に感じていた。

 バイト先だけが、唯一の何も考えなくて済む空間だった。

 まだ、生きる意味を考えさせてくれている命綱みたいな感じだった。

 面倒で、億劫で、何もやりたくない。

 自暴自棄になっていたころ、一人の女性に出会う。

 Nさん。彼女もまた、息苦しく生きてきた一人だった。

f:id:ryunyan123:20171206114122j:plain

孤独だったろうか:2

 両親が離婚したのは自分が小学五年生の時だった。

 そのことを母親から聞いた時のことは、今も鮮明に覚えている。妹二人と、母一人に私の四人で泣きじゃくった。

 そのあと、けろっとゲームをやっていたのも記憶にある。多分、子供ながらの直感的なもので、こうなることを予感していたのかなと、今では思う。

 離婚が決まってからは、怒涛の勢いで生活環境が急変していった。

 一軒家から賃貸アパートの生活になり、母はブラック企業で夜通し勤め。

 自分は長男の位もあって、妹たちの面倒を任されていた。

 このころから、自分の中の世界がごろっと変わったのだと思う。

 離婚し、引っ越しをするまではクラスの中心で騒いでいるような、わんぱくな少年だった。が、転校先の小学校で、全く異なる「小学校」のコミュニティについていけなくなってしまい、嘔吐癖がついてしまったり、喘息がつきまとう体になっていった。

 またこのころの自分は、社会に適応するスキルを身に着けていなく、社会に自分を主張するスキルしかもっていなかった。その結果、社会からの隔絶。いわゆる「いじめ」が発生した。だんだんと学校へ行く足取りは重くなっていって、やがて不登校になった。

 初めてのシングルマザーで、またブラック企業に勤めていて身体的にも、精神的にもまいっていた母親を頼れるわけもなく、ネットワークの世界にふさぎこもった。時々、妹二人の無垢な笑顔と呼び声に、本当の殺意を覚えて包丁を握ったこともあった。

 すべては「理性」がはたらいて、間違いを起こさなかったが、、、。

 それから半年くらいが経ち、母がブラック企業を辞め自営業になることが決まった。

 同時に引っ越しもきまり、二度目の転校になった。

 新しい学校、新しい生活。それが少しだけ、さびた心を回復させた。

 転校先の小学校は、かなりの少人数で、2クラスしかない家から徒歩5分の学校だった。このときの自分は、しっかりと新しい「コミュニティ」に参加するスキル、というよりかは処世術を学んでいた。

 おかげで、自然と友達は増え、充実した残り半年の小学校生活を送ることができた。

 小学校を卒業して、中学校に入学。初めて着る制服の感触と、小学校とは違う学校のシステムに大人になった気分でいた。

 家庭環境もだいぶ落ち着いていった。母親は自営業のため、ずっと家にいる。妹二人も、新しい幼稚園、小学校にはなじんだらしく、相変わらずの無邪気な笑顔を向けていた。何よりも安心したのはやはり、母親の顔から苦しさがあか抜けたからだろう。

 将来への不安や、無自覚の心配するストレスなどもなくなって、変についていた嘔吐壁も喘息も完全に治り、バドミントン部に入部して学校と部活を両立する、健康的な日常を過ごしていた。

 そして、中学2年。

 母が、新しい家族を連れてきた。母とは10歳くらい年下の男だ。

 同居人。

 新しい家族と、今までいなかった「父親」の席に座ることになった人物に、母は羨望し、妹たちは歓迎の手を広げる。

 自分も笑っていた。笑顔を浮かべていた。

 明確な歪みが、心の中で起きた瞬間だった。

f:id:ryunyan123:20171206110209j:plain

 

孤独だったろうか:1

 ものすごく他人に気を遣う。

 好きでやっているわけではないけど、どうしても行動としての気遣いというよりかは、精神的にやってしまう。

 例に挙げると、満員バスで、下車するとき。チャージしないと料金が不足してしまっているときに、チャージするときにもたもたしてしまって、後ろの人を待たせてしまうのは嫌だな、とか現金の時も、両替するときのワンクッションで後ろの人をイライラさせてしまうかも、と考えてしまって、結局本来の料金よりも多い料金を払って下りたり。

 コンビニでも、レジが混んでいたりすると、店員さんに申し訳ないな、とか買うものの数が多かったら悪いかな、と思ってしまって結局何も買えずお店を出たりとか。

 似たようなエピソードを今もずっと続けながら生活をしています。

 この精神の根っこには、皆に嫌われたくないとか、いい人と思われたいという魂胆があるんだろうな、と何となく悟っています。

 困ったことに、自分でやっておきながらこういうのが段々とストレスとして蓄積するタイプの人間なので、月イチのペースで爆発というか、キャパオーバーしてしまいます。

 よくやるストレス発散は、断食とか睡眠ですが、まあ当然それが原因でぶっ倒れてしまうので、あまり使用できない発散方法なのです。

 また、ドライな人間だと自慢するわけではないけど、他人に対してかなりどうでもいいとか、嫌いとか、分厚い壁をつくっています。人間嫌いといってしまってもいいかもしれない。

 好かれたいという感情はあるくせに、他人に対してはどこか上からというか、好き嫌いで選別する自分がいるのも自覚しています。そのせいで今も友達は非常に少ないんですけれどね。

 また、コミュ障とまではいかない、、筈だけど、自分は思考と口が接続されていないというか、追いつかない人間です。

 相手が言った言葉に対して、どう返したら不快に思われないか、変に思われないか。言葉選びや、セリフの文脈などを頭の中で何度も推敲して反芻してしまうので、たいていは頭が追い付かずどもってしまったり、その場しのぎの相槌で終わってしまい、最終的には「ノリの悪い人」に結します。

 精神的にもかなり繊細というか、小さな小言や相手が何気なく言ったいじりの一言がかなり刺さってしまい、ずっと気にしてしまう。いわゆる「冗談が通じない系」ですね。

 ストレスが溜まっているのが、だんだんと無自覚から自覚あるものに変化していくと、今までの生活でストレスと思っていなかった小さなことに対してまでイライラを募らせる事態になってしまう、、。テレビがつくのがおそいとか、キーボードで入力するときに変換ミスやタイプミスをしたりすることにイライラ、自分以外の人間を視界に映すだけでイライラと、もう一気に急降下って感じですねー。

 病院で診断された結果は、キラーストレスというものに変化しているらしいですか。よくわからん。

 自分に対してのコンプレックスもあって、足が太いとか、太っているとか、鼻が低い、目が細いなど。努力すればなんぼでも改善できるとは思いますが、改善するのが面倒で、結局努力を何もせずに、そんな自分にダメだダメだと考えてもやらないので自己嫌悪に走って、、、。

 そんな「人嫌い」「鬱」「話下手」の3コンボで陰キャラな自分ですが、よくぞここまで生きてきたな、と少し感動しました。

 だからここでいったん、今までを振り返ってみたりして、ここまで生を続けてこれた理由を確認して、これからにつなげていこうかな、と。

 おすすめはイタリアンロースト。おいしかった。

f:id:ryunyan123:20171202132827j:plain

 

 ちなみに自分の好きなアーティストが新曲を出したのでぜひ聞いてみてください。

youtu.be

Why did not you know her name

 すっかり冬になって、窓外は既に雪景色。

 こんな季節は激しい曲で鼓舞するよりも、静かな曲で心を落ち着かせたい気分。

 そんな自分が最近ハマっているアーティストの名前はグレース・ヴァンダー・ウォール(Grace Vander Wall)。

f:id:ryunyan123:20171128080433j:image

 2016年ごろにデビューした、かなり最近のアーティストです。

 驚いてほしいポイントはまず、彼女がまだ13歳であるという点です。

 故に、13歳の少女にしか出せない、ハスキーでいて芯のある印象強い歌声は、いまにも消えてしまいそうな儚げな魅力があります。

youtu.be

 声だけでなく、その容姿から今しか出せない世界観のMVなども、必見です。

youtu.be

 

youtu.be

 声変わりの時期が来たら、どのように変わるのか、変わってしまうのかという不安と、変わった後の歌声への期待も膨らませてくれます。

youtu.be

 ライブになるとガラッと印象が変わるので、また不思議です。しかしこの子、、とても13歳に見えない、、、。

youtu.be

 そして、これは彼女の声が初めて世界に広まり、認められた瞬間の映像です。まさに、奇跡の声ですね。当時12歳という若さで、大勢の人の前に立ったのです。

youtu.be

 彼女の成長していく姿や、魅せてくれる歌声の輝かしさに、こちらも応援したくなるような、そんな不思議な魅力を持った少女です。

(あかん、、この映像見るとなんか涙が、、、;つД`))

 

鬱くても、鬱くても

 このまえ病院に行ったら、医者から適応障害と言われた。

 自分の場合はパニックになると思考が全て停止しちゃうタイプで、またストレスを大きく抱えると蕁麻疹やらで身体中が酷くなってしまう。

 抗うつ剤精神安定剤で何とか石橋を叩けているけれど、いつか壊れてしまうのではという不安がつきまとう。

 しかしながら恐怖はありませんでした。何故なら自分にはまだ理解者、受け入れてくれる彼女の存在がいるからです。

 彼女も自分と同じ状態の人であるが故に、共感し、頷いてくれるのです。

 だから、鬱になっても心の拠り所になってくれる、そんな存在です。

 人間嫌いな自分でしたが、人間と出会っていないと彼女とも出会えていなかったのですから、自分の世界に寄りかかったままではいけないことを学びました。

 だから、自分と同じ人に向けて送る言葉は、とにかく人とたくさん出会って見ることです。仕分けするわけじゃないけど、「この人はダメだ」「この人はマシ」「この人は大丈夫」というふうに付き合って、それが処世術になって...。

 自分の場合は、そのたくさんの交流の中で初めて「この人好きだな」という人と巡り会えました。

 

 生きることは恐怖ですが、誰かと一緒に生きると、幾分かは怖くなくなります。

 衝動的に書いた偉そうな文章になってしまいましたが、ここで言っておきたいのはただ一つ、彼女への感謝で。

 あなたがいなかったら今頃、自分は歩くのをやめていたかもしれないから。

 ありがとうと、これからもよろしくね。

f:id:ryunyan123:20171127121627j:image

白昼劇

 少ない給料から、さらに削られていくお金たち。

 雀の涙で生活をやりくりするのは、不思議と苦ではありましたが、辛くはありませんでした。

 2日に1回の食事、常に飲料だけでのやりくり、寒いときにはお湯を飲み、凍える時は布団に潜って自分を抱き、なるだけ明かりをつけない暗闇の中でぬるいシャワーに入って眠る生活。

 自分はいつも、物事を客観視しがちというか、壁一枚を隔てるようにして生きていますがこの時は、なんだか生きているなあ、命をしているなぁ、という感慨、感傷を覚えました。

 そして、自分がどれだけの庇護のもとここまで誕生し続けているのか、かゆい思考ですが改めて思い知りました。

 添加物の食事とは違う、誰かが作ってくれた食事。

 行き場のない静寂に対する寂寥なき想い。

 まいどまいど、一人でいることが多くなるとそんなことに耽ってしまう自分に、何柄にもない気色の悪いことを考えてるんだとかゆくなるばかり。

 ここに、随想録の一つとして記します。

 スピーカーから流れる、オルゴールの音色を聴きながら。

f:id:ryunyan123:20171125014714j:plain

睡眠怠惰

 最近は寝ても寝ても寝たりない。

 自堕落と分かっていても寝てしまう。

 あぁー、今日も無駄に1日が終わる。

 そんな感じ。

f:id:ryunyan123:20171026015439j:image

 遠くを見据える猫。(部屋とっ散らかってるけどいいや)

 私はベットしか見てないや、、、。

 最近の嬉しかったことは、DJ MagでMartin Garrixが2年連続で1位になったことぐらい。

 良かった。

https://youtu.be/ScNsBpQ8KIg

 そしてまた眠るのです。