でんちゅう随想録

でんちゅうなる人物が記す随想録。特に理由も目的もなく、衝動的に書く日記のようなもの。

驟雨的策

 巷で最近チラホラ見かけるのは、ベーシックインカムという言葉。

 日本語意味に噛み砕くと、国民年金や公的医療保険を廃止し、その分を現金で国民に渡すという考えらしいですが。

 メリットだけを見れば、社会保障の簡略化や、残業と長時間労働の削減による生産効率の向上と今働いている人から見れば嬉しいことだらけですが、「平等」の文字の前では中々そうもいきません。

 データがないのでデメリットもあくまで予想の範囲でしか物を言えませんが、BIで色々買えなくなったり、自分で保険を探さないと将来が厳しくなる、物価変動など。

 みんなお金には何かしら厳しい思想を持っていますから、今まで払った厚生年金が無駄になるかわりに国民全員平等に数万支給されるというのも、プラスとマイナスどっちにとらえるべきか悩ましいです。

 この時点でまじめに払ってきた人に対する相対的なメリットはありませんし。

 それに自己活動ができない人は死ねみたいな感じになってしまいますしね。村社会に回帰したらまた別の話ですけれども。

 だから平等という点においては、今まで真面目に払っていた人にはダメージがあるけれど、これから税金を払う人の不平等はなくなるので、根っこの考え方としては後者重視、というわけですね。国の考えとして間違ってはいないと思います。年金制度を解体するのも賛成です。

 しかし、働けない老人や職につけない障害のある人は黙って死ねと言うのかと言われると、何とも反論できません。

 少子高齢化社会の現状においてどうしても、ベーシックインカムには道徳的な面で難しいものがあります。

 大切なのは、何を削って何を残すかですね。

 またドイツみたいに消費税を物凄くあげるかわりに何かしらの免除を与えるというのもありなのではないかな。

 でもまあ、無理して全国的に導入するよりかは、道州制にして一度データが欲しいところです。

 柄にもなく真面目に考えてしまいましたが、結局何が言いたいのかと言うと、何かしらの変革はしないとこれから日本は危ない気がするという一国民の意見でした。

 暖かいブラックは飲めるけど冷たいブラックは飲めない。

f:id:ryunyan123:20171013132923j:image今日のネコ

 

手招睡魔

 外に出ると、吐息が白くなる寒さになってきた。

 冷え性の私は最近、靴下を履いて寝ると朝が寒くないということを発見した。すごい。

 普段はハードメタルなオラオラ系の曲ばっか聞いてヘドバンしているけれど、寒い時期は静かな曲に癒されたい。オルゴールとか最高。

 気が早いけど、今リピートして聴いてるのは戦場のメリークリスマス


戦場のメリークリスマス

 静寂な時間に聴くと眠気に効く。昔の曲だけど、そんな気概は一切見せないこの曲のクオリティに若者ながら感動するのです。

 私の部屋は、内外の温度差による湿気のせいで、朝は床が濡れている。だからいつも、かかとからじわーっと伝わる不快感で起床して、そのたびに秋の訪れ、冬の訪れを感じる。

 湿気云々の前に、私の住むアパートは壁の中に断熱材とかクッションとか何も入っていないので単純な水漏れかもしれないけど。

 プライベートもやっとこ落ち着いてきて、自分の時間が徐々に増えつつあるので、最近は料理に挑戦中。

 職業柄、揚げ物料理にはそれなりの自身を持っているけれど、肝心の庶民的な和食や洋食には疎いので、定食屋さんに出てくるような献立のメニューを作る、をスローガンに包丁を握っている。

 しかし今日作ったのはチョコレートタルト。何故だ、、、。

 私の現在のトレンド曲はきのこ帝国猫とアレルギー


きのこ帝国 - 猫とアレルギー

 モーニングとかに必ず聴いている。

 優しくなでてくれるような曲と、落ち着く声色が非常に魅力的。

f:id:ryunyan123:20171013133050j:imageすごい体勢で寝るネコ

    

 

 

 

寒空日和

 残暑を感じることもなく、怒涛の勢いで冷え込んできたことに喜びを感じているでんちゅうです。

 暑いより寒い、冷たいより温かいが好きな自分としては、秋から冬、春の初めまでが好きなのです。

 そんなホットコーヒーの美味しさもより引きたつ秋間近ですが、最近考えることは人を好きになることの難しさ。

 文章で表すとなんだかポエムみたいでで小っ恥ずかしいですが、別段深く「好意」について耽っているわけではないです。

 自分は従来の性格から余り友人も多くいなく、そのくせ物凄く人を選ぶ人間性ですので知人すらいないでいました。

 未だに同年代や年下の方と交流するのはドキドキものですけれど、今年に入って一つ気付いたのは、自分は年上の人と相性がいい、というものです。年上といっても1、2才上なだけですが。

 出会いは職場でした。新人として入ってきたTさんは、余り接客業向きではなく、早々に裏方作業に回され、教育を自分が担当することになりました。

 そこからは、年下が年上にものを教えるという罪悪感と気まずさの日々が連続し、その連続の中で段々とTさんの人間性を知っていき、やがては惹かれるようになりました。

 自分は「母子家庭」で育ったというステータスがあり、Tさんも「父子家庭」という中で育った方でした。

また他人に気を遣いすぎてしまう性分や、考えるだけ考えて口が追いつかない、過去に精神的に病んでいて、自死を考えていた頃があったなど、生まれ育った環境と軌跡、性格にお互いに共感したのが始まりでした。

 言葉は悪いですが、今まで生きてきて初めて、「この人!」と思える人に出会ったと、今でもそう確信しています。

 やがて月日は流れ、時間を重ねていき、職場だけの関係から遊びに行く関係に、そして恋人同士にまで発展しました。

 しかし、ここからが自分の失点というか、汚点というべき点です。

 初めての「彼女」初めての「恋慕」に当てられたのか、調子に乗ってしまったのです。

 おだっていた、という言葉に変換したほうが妥当かもしれません。そしてそれは、亀裂を生み、歪みを作り、やがての崩壊を助長しました。

 ある日のこと、Tさんは「前の関係に戻ろう」と切り出した。嫌いになったわけではなく、むしろ好きなままだし、今まで出会った人の中で一番好きだけれども、この感情が恋心なのか分からなくなってしまった。だから、前の関係に戻ろう、と。

 自分は瞬間水をかけられたかのように、冷静さを取り戻しておだっていた余熱を頬に感じました。

 Tさんの言葉の中に、「一旦」という言葉が、またそれに類する意味の言葉が含まれていないことを自分は見逃しませんでした。

 つまり、友達のままでいよう。それ以上の関係は、これからは起きないという事実。

 自分はあくまでも、向こうを尊重したい立場でしたから、「そうだね」といって結局、関係は友達に戻り、そこで終止符が打たれました。

 幸いなことに、現在進行形でTさんとは友達のままでいますが、自分の中にはずっと気まずさにも似た後悔が刻まれています。

 Tさんが好きでいたのは、まだ一線を引いていた頃の自分。だから、会話一つ一つに自分を見失わず、踏み込んでいい線と、超えてはならない線を見極めて、接しています。

 それは茶番劇地味ていて、まるで演じているように友達を続けていることに、やはりTさんに対する「申し訳なさ」と「後悔」があるのです。

 つくずく、人を好きになるのは難しいと偉そうに思いました。

 今年の秋は、去年よりも寒く自分を包んでいる気がします。

f:id:ryunyan123:20171011105514j:image

 

 

その声は、誰も忘れられない。

 f:id:ryunyan123:20170811042641j:image

 Aimer、というアーティストをご存知でしょうか。最近はメディアに取り上げられることも多く、テレビ出演も増えてきたため、知っている方は多いと思います。

 誇張気味でいうと、唯一日本人アーティストでとても好きな方です。

 ファンの方は分かってると思いますが、Aimerの魅力は何といっても「声色」にあります。

youtu.be

 これはライブ映像ですが、すごいところは「CD音源」と「ライブの声」を比較しても、聞き劣りがないという点です。通常、録音の関係で「生歌」と「CD音源」に若干の差異があるのは当然なのですが、Aimerの場合は圧倒的な歌唱力でその差異を打ち消しています。

youtu.be

 独特の、ハスキーなアルトっぽい声。この中性的な声色に自分は瞬く間に魅了されました。最初に知ったのは、アニメのエンディング曲として使用されたこの曲からでした。

youtu.be

 この声の裏側には、衝撃の秘密があります。Aimerは15歳のころ、なんと歌唱による酷使が原因で声帯を痛め、沈黙療法を余儀なくされてしまいます。そうして約半年後、回復すると同時にこの声色を手に入れます。

youtu.be

 しかも、声帯自体はまだ完治していません。しかしAimerは治療を拒否します。その理由の中には、医師に「治療すると今の声は出せなくなる」という忠告があったからでした。

youtu.be

 そんなAimerの歌に対する熱意にも、強い好感を抱くと同時に、このまま歌い続けると喉を壊してしまうんじゃないか、という不安も残ります。そんな儚げな美しさを兼ねそろえているのも魅力の一つです。

youtu.be

 Aimerは、Aimer自身が幼少のころにつけられた愛称で、「Aimer」フランス語で「好き」という意味があります。ちなみに顔バレはしていますが、スタンスとしては「顔を見せない」です。顔じゃなくて、歌だけで評価してほしいということですね。

youtu.be

 Aimerは、一般のファンだけでなく、様々なアーティストをも魅了します。Aimerのファンの中には、桑田佳祐阿部真央西川貴教などがいます。またONE OK ROCKのTAKA、凛として時雨などが楽曲提供をしています。

youtu.be

youtu.be

 アニメ主題歌としても多く使用され、着々と枝葉を伸ばしています。

youtu.be

youtu.be

youtu.be

 個人的にAimerの曲の中でも好きな曲は、以下の3つです。Aimerは声色だけじゃなくて、息遣いや言葉選びも素敵で、綺麗な完成を形作っています。

youtu.be

youtu.be

youtu.be

 いかがだったでしょうか。

 Aimerの魅力、世界観の一片に少しでも触れて、何かを感じていただければ幸いです。自分としても、これからのAimerが軌跡に何を生み落としていくのかが楽しみです!

JAVAァッッ!! Ⅳ

 大変お待たせしました、第四弾です!

 前回に引き続き、「判断」の分野について進んでいきますね。

 

 今回は、学校の問題形式で進んでいこうと思います。

 それでは、問1。

変数は gage。

gageに10を代入。

もしgageが10でなければ、no effect と表示する。

 おさらいもかねて、早速やってみます。

f:id:ryunyan123:20170730093056p:plain

 ここまでは、普通に書けました。それではコンパイルして実行してみます。

 するとコンソールには何も表示されませんでした。

 何故なら、今回は「10でなければ」だからです。では、どうしたらコンソールに表示させるか。数字を変えるべきは、int の部分ですね。

f:id:ryunyan123:20170730093429p:plain

 するとコンソールには無事に

f:id:ryunyan123:20170730093530p:plain

 と表示されました。注目ポイントとしては、if の()の中の関係演算子を、「~ではない」という意味に値する!=に設定する点です。

 それでは、この問題に少し色を足してみます。

変数は gage。

gageに10を代入。

もしgageが10でなければ、no effect と表示する。

gageが10であれば、can と表示。

 なにが違うのか。先ほどまでは「10でなければ」の場合だけを作成しましたが、これによって「10のとき」の場合も作成しなくてはならない。ようは、二つの場合に分岐したルートの行き先を、両方とも作成しなくてはなりません。

 こういうときに使うのが、if とセットで覚える else という文です。

 習うより慣れよで、まずは書いちゃいます。

f:id:ryunyan123:20170730094718p:plain

 こんな感じです。if との出だしが少し違うだけで、あとは同じです。注意する点としては、 else の左右端にある }{ の向きです。

 それでは int gage の部分を10にして、実行してみます。

f:id:ryunyan123:20170730094938p:plain

 これで完了です。仕事でも、この if と else はセットでよく使うので、覚える必要があります。

 

問2.

変数を monster とする。

monster に abnormal を入れる。

もし abnormal であれば ran と表示

abnormal でなければ walk と表示。

 注意点は、変数の型です。

 今までの知識があれば、十分この問題はクリアできると思いますので、お手元にエクリプスなどの環境がある方は、ぜひ試してみてください。

 エクリプス上の画面は点線の下からあります。

続きを読む

いつか自分が理不尽になる恐怖

 

「かつや 店」の画像検索結果

 飲食店で今日も平常通り仕事をしていたのだけれど、ホールから何やらお客さんの怒声が聞こえる。一週間に何回かはこういうことがあるので、まずはこちらの不手際か否かを見極めなくては、と思い声の発生源に向かう。

 すると予想通り、新人の子が困惑顔で何度も謝り、その前でお客さんが叱責している図だった。

 内容を聞いてみると、注文をした商品がまだ運ばれていないとのこと。

 うちの店は注文を受けてから六分以内に提供するルールで、また自分が厨房の人間だということもあって、自分が注文票を見逃したのかと焦り、急いで厨房に戻った。

 そして注文票を見比べる。かならず注文票は、注文が入るとその瞬間打刻される。

 問題のお客さんの注文票の打刻時間を見ると、「22:11」と打刻されていた。時計を確認すると「22:13」。フライヤーを見ると、まだ肉が揚がりきっていない。

 生肉のまま提供するわけにもいかず、またどう考えても「おまたせ」の状態でもないので、仕方なくお客さんの所へ戻る。

 調理するのに大体4分から5分いただくことと、生肉の状態で提供することができないので、もう少々お待ちいただけないか聞く。

 自分のその言葉を聞いてお客さんはとうとうブチ切れてしまい、「5分!?馬鹿じゃねーの!?」と叫んで店を去ろうとした。

 どうしようもなかったので、「まことにもうしわけございません」といって見送った。

 てっきりそのままお客さんは店の扉を開けて去るのかと思っていたけれど、扉のノブをつかもうとして踵を返し、店に戻ってきた。

「なんの説明もなしに客を帰らせるのか!」

 と怒鳴った。

 ほかのお客さんもいるし、食事の場としても迷惑になるので早急な対処をしなくては、と「もうしわけございません、あと2分ほどで調理の方が完了しますので、それまでお待ちいただければすぐに提供できますが・・・」

 と自分でも引くぐらいの下手喋りで言うと、そのお客さんはさらにごうごうと

「さっき作るのに5分つってたじゃねえか! なんで2分でできるんだよ!早く出せるんだろうが! 客を馬鹿にするのも大概にしろ」

 とおっしゃりました。

 さすがにあなたと口論している間に何分かたってるから、もうすこしで提供できるんですよ。とはとても言えないので、「もうしわけございません」の一点張りしかできず、結局そのお客さんは騒々しく扉の音を立てて帰りました。

 翌日、そのお客さんは律義にうちの店のフリーフォームに抗議のメールを送ってきました。内容は昨日と同じで、私は憤慨した、みたいな感じでした。

 結果、上層部に怒られるは店長に怒られるはで散々な感じに。

 とても今回の出来事に対し自分をフォローする言葉が思いうかばらず、理不尽だ理不尽だ、と毒づきながら今もキーボードをたたいています。

 いつだったか、とある番組で中年の悩み、というテーマのトーク番組を見ました。

 その中で、一人の中年のお方が「言いたくなくても理不尽な文句を言ってしまう」と発言し、ほかの中年の方々も「そう、それそれ」と共感していました。

 その映像を見て、自分がいずれ三十代、四十代となるにつれあぁなってしまうのかもしれない。そんな恐怖を感じました。

 だからなるべく、この「憤り」を忘れずに今と将来を、精進して生きていきたい。

JAVAァッッ!! Ⅲ

 前回までは、「演算」「変数」とやってきましたが、今回は開発に必要な文法4つの内の3つめ、「判断」という分野です。機能としては、

  • 演算・・・計算
  • 変数・・・置換
  • 判断・・・分岐

 という風になります。イメージとしては、英語の if をつかった英文に近い感じかな?

「もしも・・・だったら・・・と表示する」といった具合です。

 

 例に挙げてみます。

 例えば、クライアントから

 

 「点数」の変数は「Point」。

 「Point」には10を代入し、「Point」が10であれば「Quelly OK!」と表示。

 

 と頼まれたとします。それではこれをどうJAVAで組み、表示させるか。

 まずはこの画面から。

f:id:ryunyan123:20170708151320p:plain

 それでは、まずは打てるところは打ってみます。変数は「Point」で、代入する数字は10でしたね。

f:id:ryunyan123:20170708151639p:plain

 次に、この「Point」が10であれば、「Quelly OK!」と表示、の部分。ここは、if文といわれる文法を使っていきます。

f:id:ryunyan123:20170708152711p:plain

 文の形としては

 if(条件式){

 このようになります。

 ちなみに、JAVAでの=は、算数で使う=の意味とは違って、右辺から左辺に代入される、ということだと以前説明したと思います。

 それでは==とは。この==が、算数で言う=と同じ意味になります。

算数 a = 1             JAVA a == 1

 そしてこれをコンパイルして実行すると・・・

f:id:ryunyan123:20170708153544p:plain

 問題がなければコンソールにこのように表示されます。

 ちなみに==の右の数字を試しに5に書き換えてみると。

f:id:ryunyan123:20170708154200p:plain

 コンソールには何も表示されません。

f:id:ryunyan123:20170708154238p:plain

 つまりはエラーです。ではこの状態のまま、今度は int Point = 10;の数字の部分を5に変えてみましょう。

f:id:ryunyan123:20170708154400p:plain

 するとコンソールが正常に表示されます。

f:id:ryunyan123:20170708154539p:plain

 仕組みは理解できたでしょうか。それではもっと、掘り下げていきますね。

 今度はクライアントの依頼に一つ、注文をつけ足してみましょうか。

 

「点数」の変数は「Point」。

「Point」には10を代入し、「Point」が10であれば「Quelly OK!」と表示。「Point」が10未満であれば何も表示しない。

 

 今までは10の時だけの表示を作成しましたが、次は10未満の時の場合も作成しなくてはなりません。JAVAの言い回しで言うと、真(true)の場合と偽(false)の場合を作成するということです。

 それでは数字の値を5に変えたところは10に戻していただいた後、==の部分を以下のように変えてみてください。

f:id:ryunyan123:20170708160106p:plain

 これをこのまま実行すると、

f:id:ryunyan123:20170708160208p:plain

 と表示され、int Point = 10 の数字を、10から5、つまり10未満にすると

f:id:ryunyan123:20170708160448p:plain

f:id:ryunyan123:20170708160507p:plain

 このように、何も表示されません。

 

 最後に、関係演算子について説明します。先述した通り、==や、>=などの記号を、総称して「関係演算子」といいます。

  • == ・・・例)a==1 (意味)aが1なら1は真(true)で、それ以外は偽(false)
  • != ・・・例)a!=1 (意味)aが1じゃなければ真で、それ以外は偽。
  • >  ・・・例)a>1 (意味)aが1より大きかったら真で、それ以外は偽。
  • >= ・・・例)a>=1(意味)aが1以上なら真で、それ以外は偽。
  • <  ・・・例)a<1(意味)aが1より小さかったら真で、それ以外は偽。
  • <= ・・・例)a<=1(意味)aが1以下なら真で、それ以外は偽。

 これが関係演算子一覧になります。注意する点としては、1「より」と1「以上」の違いです。「1より大きい」だと1は入りませんが、「1以上」だと1は入りますからね。

 

 今回は以上です。

 次回も引き続き判断をやっていきますので、よろしくお願いします。